a
解散式


解散式

【エレン】
「お……俺、裸です!」
【リヴァイ】
「それがどうした。見りゃわかる」
【エレン】
「そうではなくて……。俺も、兵長も、ど、どうして、裸なんでしょうか!」
【リヴァイ】
「そりゃあ、てめぇ……」
【エレン】
「それは……」
【リヴァイ】
「昨夜はやったからに決まってんだろ」
【エレン】
「やっ!やった……って……何を」
【リヴァイ】
「あぁ? もっと詳しく聞きてぇのか?
だから、てめぇの後孔に、俺のをぶち込んで……」
【エレン】
「うわあぁぁっ!!やっぱり、いいです! 言わなくても!」
【リヴァイ】
「てめぇが聞いたんだろーが」
【エレン】
「それは、そうですけど……」







a
最悪な寝起き


最悪な寝起き

【エレン】
「あぁ、はぁ、あぁ……っ、いや……だ、そんな……突いたら、声……とまら、なぁ……っ」

ぐじゅぐじゅと湿った音がするほど突き上げられ、生理的に溢れ出す涙も、喘ぎも……。
緩んだ口角から唾液は垂れ流れ、快感に噎び泣く姿は、傍から見れば、どれだけみっともないか。
考えるだけで、頭が痛くなる。

【エレン】
「あぁぁ……っ、いやだ……これ以上は……お、俺……やぁ……怖い……」

キシキシとリズムカルにベッドが軋み、快感に身体をしならせる部分を集中的に責められる。

うぅぁ……俺、どうなるんだ?
頭がぐちゃぐちゃになって、腰振って、さかって……。
怖い、怖い、怖い――……。

【エレン】
「ああぁっ!怖い……っ……いやだ、止めろよっ!」

突然、恐ろしさに暴れ出した身体を、兵長がベッドに力尽くで押さえつける。

【リヴァイ】
「……っ。ガキが……」

起きろ! へいちょーと初エッチ